プレスリリース

Vol.246 農業人材支援サービスご提供の一環として「収穫のお仕事体験&食育」イベントを開催

アビリティーセンター株式会社(本社:愛媛県新居浜市、代表取締役社長:三好 輝和、以下 アビリティーセンター)は、2021年10月9日(土)今治市において「収穫のお仕事体験&食育」イベント第1弾を開催しました。

 

 

近年、全国的に高齢化や過疎化がすすみ、後継者不足などから農業の担い手の減少は顕著となっています。なかでも四国は高齢化や人口減少の面で全国平均より10年~15年先行していると言われており、特に農繁期の人手不足に悩んでいるという農業者の声を多く耳にします。

 

一方で、「自然の中で仕事がしたい」「農業の仕事をしてみたい」という農作業アルバイト希望者も多数いらっしゃることから、アビリティーセンターでは、双方をつなぐサービス『アグリティーフレンドシップ』の提供を開始しています。

 

農作業経験の無いアルバイト希望者も多いため、不安解消のための収穫体験会を企画、JAおちいまばり様と共催で食育を兼ねたイベントを開催します。イベントは10月~12月にかけて計3回、今治各所で開催するもので、みかん・里芋の収穫体験を予定しています。

 

10月9日(土)に開催したみかんの収穫イベントは好評のうちに終了し、当日の様子は日本農業新聞にも取り上げられました。

 

今後も農業の労働力不足を解消し、四国の大切な基幹産業である農業分野の活性化をはじめとする社会課題の解決を目指します。

 

体験会の詳細はこちらから

アグリティーフレンドシップの詳細はこちらから

●農業者向け

 

 

●農作業アルバイト希望者向け