プレスリリース

Vol.218 「まるわかり『ものづくり』の仕事」を高知市で開催します

 

アビリティーセンター高知オフィスは、ものづくりの仕事について知ることのできるイベント「まるわかり『ものづくり』の仕事」を開催します。

 

「ものづくり」大国である日本において、ものづくりの仕事をしている人は1000万人を超えて第1位、全体での割合は17.3%にもなります。

今回のイベントは、ものづくり(製造業)の仕事とはどのようなものか、ものづくりの仕事のおもしろさ・楽しさとは何か、ものづくりの仕事に就くにはどうすればよいか、などをテーマにものづくりの仕事コーディネーターと現場で働いているクラフトマン(職人)から、ものづくりについての話を聞くことができる内容となっています。

 

■開催日時

2019年2月13日(水)

13:30~15:30

 

■開催場所

高知 蔦屋書店 3Fに集合し、セミナー受講後

「ニッポン高度紙工業株式会社」に仕事現場を見学に行きます。

 

■内容

【13:30~14:00】
セミナー「まるわかり ものづくりの仕事」

製造業といっても様々な業種があり、企画・開発・設計・製造・検査・出荷の流れの中で役割も、作業内容も変わってきます。ここでは、これからものづくりの仕事を始めたい人が知っておきたい基礎知識を詳しく説明します。

 

 

【14:00~14:30】
仕事説明会 「ものづくりの仕事をするには?」

「実際にどんな仕事があるの?」「どの企業が自分にあっている?」「応募方法は?」などの疑問に、これまで数多くの求職者の就業をサポートしてきたキャリアパートナーが答えます。

 

 

【15:00~15:30】
「ニッポン高度紙工業株式会社」見学

高知市に本社を置く電池・コンデンサのセパレータやフレキシブルプリント基板を中心とした製紙メーカーである「ニッポン高度紙工業株式会社」を見学します。ものづくりの現場で働く人たちの仕事ぶりや、どのような環境なのか、安全面の対策などを見ることができます。

 

詳細はこちらのページから