ホーム > プレスリリース > Vol.97 地域の障害者の職場実習を受入れ

プレスリリース

[ プレスリリース]  Vol.97 地域の障害者の職場実習を受入れ

障害者就業・生活支援センター エールでは、新居浜市、西条市エリアの障害者に対して就業相談を行い、内容に応じて就業支援関係機関と連携しながら就業支援を行っています。このほどアビリティーセンター株式会社(本社:愛媛県新居浜市 代表取締役:三好潤子)は、障害者の就業希望者を職場体験実習生として、一週間受け入れました。

 

  【障害者就業・生活支援センターとは】
     
    愛媛県では、「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づき、障害者就業・生活支援センターを県下6ヶ所に設置しています。障害者就業・生活支援センターは、雇用、福祉、教育等の関係機関と連携しながら、障害者の就業及びそれに伴う生活に関する指導・助言、職業準備訓練の斡旋など、就業面・生活面の両面から一体的に、障害者の就業生活における自立を図るために必要な支援を行うことを目的としています。
     
 【障害者就業・生活支援センター エールの特長】
     
    「働きたいけど働いたことがないので支援してほしい」とか、「今働いているけど会社で困ったことが起きたので支援してほしい」など就業や就業に関する生活の相談があった場合に関連機関(ハローワーク・障害者就業センター・各種相談事業所・病院・行政・学校など)と連携しながら支援を行います。
     
  実習の感想
     

wakabas.jpg
  【訓練生】働く経験を通して、職場のルールを守る大切さを学びました
  【支援センター エール】新居浜市、西条市での就業支援を行っております。実習受け入れ先を探しています。ぜひご協力ください。
  【受入企業】従業員に対する障害者雇用の理解が深まりました。また機会があれば積極的に受入れをしたいと思います。

会社案内