四国の多様な働き方と採用について

アジア圏への海外進出をお考えの企業様へ。高度外国人留学生インターンシップをご紹介します。

少子化による日本の人口減少は、簡単には歯止めがききそうに無く、日本の国内市場は益々縮小傾向にあります。

 

経済のグローバル化が進み、海外への市場展開が避けられない状況は今後も続いていくでしょう。

 

深い専門知識や技術・高い語学力・新しい環境への適応能力・情熱を持った人材の確保は、急務です。

 

 

 

このような面から、日本の大学で学んだ優秀な外国人留学生を採用しようとする企業が増加しています。

 

こういった背景を踏まえ、アビリティーセンターでは、「外国人留学生インターンシップ運営事務局」を設立しました。

 

これまでに培った人材活用のノウハウを最大限に利用し、採用をお考えの企業様と、日本企業で働きたい留学生をミスマッチ無く繋ぐ役割を果たしたいと考えております。

 

 

 

そこで、両者に良いご縁を結んでいただくため、高度外国人留学生インターンシップ事業を実施いたします。

 

 

 

 

高度外国人留学生とは?

 

高度外国人留学生とは、4年制大学以上に在籍し、コミュニケーション能力が高く、努力を惜しまない人材です。

 

高度外国人留学生は、その多数が厳しい日本留学試験に合格して来日しており、約6割の学生が日本での就職を希望しています。

 

 

留学生は日本人とは異なる習慣や価値観があることを私たちに教えてくれる存在でもあり、海外の文化や外国人ならではの発想を取り込むことで、ダイバーシティーを含めた組織の活性化、更なるグローバル化を推進していくことができます。

 

現在、四国内7大学と連携し、大学内で説明会を実施するなどして、留学生を募集しております。

 

 

 

また、西日本の大学に在籍している留学生に対して、ネット広告を使い、幅広く本インターンシップ事業を周知できるような広報活動も実施しています。  

 

 

 

アビリティーセンターの有償・業務実践型インターンシップ

 

日本での就職を希望する留学生に、最大15日間・7パターンのインターンシップ期間から選択し、就業体験(インターンシップ)をして頂きます。

 

インターンシップ期間があることにより、双方の相互理解が深まり、早期退職のリスクが軽減されます。

 

就業は登録型一般労働者派遣制度を活用し、労働時間に時給を乗じた額を派遣元に支払っていただきます。

 

無償でインターンシップを受け入れるのとは異なり、賃金の支払い、受取りが発生するのでお客様扱いではありません。

 

高い真剣度を持って就業しますので、責任感、積極性、自信を持った優秀な留学生が集まることにつながります。

 

また、アビリティーセンターの審査を通過していますので、ご希望に合った留学生をご紹介することができます。

 

 

 

もちろん、募集から受け入れまでを運営事務局が担いますので、企業担当者の方の採用に関する労力が軽減されます。

 

就業中、就業後もアビリティーセンターの担当者が留学生の精神的バックアップをするなど、アフターフォローもお任せください

 

採用から受け入れ、定着までサポートいたしますので、ご検討いただければ幸いです。

 

 

 

 

ご興味をお持ちの方はこちらから詳細をご確認ください。