高知家事業推進室

ごあいさつ

真っ先に人口減少・高齢化社会に突入した高知県。
そして高知県では、この「人口減少の負のスパイラル」に立ち向かうために、様々な取り組みを進めています。
またこの高知県で、本当に頑張っていらっしゃる事業者も沢山あります。

そこでアビリティーセンターでは高知家の一員として、高知県の地域課題の解決に、行政とともに専門的に取り組む部署「高知家事業推進室」を平成29年1月に立ち上げました。
そして特に高知県の事業を中心に公的事業の受託を推進し、高知県とともに高知県全体の活性化に向けて取り組んでいます。

また当社独自の活動として、高知県で頑張っていらっしゃる事業者を更に後押しし、また事業者同士が連携して高知県全体を盛り上げていくような、事業展開を考えていきます。

高知家は、いろんな家族で大家族。
高知家のいろんな家族同士が、高知県全体の活性化に向けて一緒に汗を流す。
こんな高知家の大家族を生み出すことが、私たち「高知家事業推進室」の熱い想いです。
この熱い想いを持って、今後も活動を続けてまいります。

高知家事業推進室 室長

三宮 教敬

高知県地域活性化雇用創造プロジェクト

「地域活性化雇用創造プロジェクト」は、平成28年度に創設された厚生労働省の補助事業です。

この事業は、生産性、所得水準、消費活動など様々な側面での地方と大都市の格差や、人口減少、若年層の大都市圏への流出による人手不足などの課題を解決するため、産業政策と一体となった安定的な正社員雇用機会の創出のための支援を行うことで、地域における生産性の向上や経済的基礎の強化に資することを目的としています。

高知県では、官民協働で取り組んでいる「高知県産業振興計画」をはじめとする産業政策の取組を加速し、ものづくり産業のさらなる成長や第一次から第三次産業までの多様な仕事を地域地域に生み出す地域産業クラスターの形成などにより、安定的な雇用機会の創出と働く場の魅力向上による生産性の向上を図り、地域経済の好循環の実現を目指しています。

アビリティーセンターは、この「高知県地域活性化雇用創造プロジェクト」推進事業のうち、平成30年度は、以下の4つの事業を運営しています。

土佐MBA運営事務局

土佐まるごとビジネスアカデミー(通称:土佐MBA)は、高知県が推進している産業振興計画を支える、志のある産業人材を育成する事業として、平成24年度に開講しました。
そしてアビリティーセンターでは、平成25年度からこの土佐MBAを運営する事務局を、担当しております。

土佐MBA運営事務局では、スムーズな講義運営などの事業実務のほか、受講者の事業が更に発展するために、受講者同士のネットワークの構築や、様々な受講者の相談対応など、年々活動の幅を広げながら、受講者を、また受講者の事業を、裏から支えております。
本当に土佐MBAを修了された方々の多くは、その後も活躍され、マスコミにも本当に多く取り上げられています。
このことは私たちがこの事業に関わることの誇りでもあります。

是非、一人でも多くの方に、この土佐MBAを受講していただきたいと思います。
そして活躍される事業者が一つでも多く生まれ、高知県全体の活性化につながるような、事業運営を行ってまいります。

土佐MBA運営事務局

高知家の女性しごと応援室

高知家の女性しごと応援室は、高知家の女性の「働きたい」を応援している施設です。

「自分に向いちゅう仕事が、いまひとつ分からん」
「今のままでえいがやろうか?転職したいけど悩んじゅう」
「子どもをどのように預けたらえいがやろうか?」
「上手な履歴書の書き方が、よう分からん」

など、「働く」にあたっての色々な相談をお受けしています。

また仕事の情報だけでなく、女性が働くために必要な子育て支援の情報や、スキルアップや資格取得に関する情報など、様々な情報を一元的に提供させていただいております。
予約制の無料の託児サービスもご用意しておりますので、お子さんをお預けいただき、ゆっくりとご相談いただけます。
そして今後は、高知家の女性しごと応援室の色々な生の相談情報を、企業にも提供し、より働きやすい職場づくりのお手伝いも進めていきます。

求職者だけでなく、お仕事中の方や女性従業員の働き方を考えている企業の方なども、是非お気軽にご相談ください。

高知家の女性しごと応援室