ホーム > 採用情報 > 活躍する社員たち

活躍する社員たち

新卒・若手 川口智生
高知オフィス コーディネート担当 川口智生

これまでの足あと

2015年

アビリティーセンター高知オフィスコーディネート担当として新卒採用。

社員インタビュー

現在担当している仕事

業務風景

私は入社して半年間、コーディネート担当として、主に派遣スタッフの皆さんと多く関わっています。オフィスや登録会にお越しいただいた、働き先を探している求職者のキャリア相談や、既にご登録いただいているスタッフさんへ電話などで連絡し、現在の状況をうかがい、お仕事のご紹介もしています。
求職者の方お一人おひとりが、いろいろな人生を歩んでこられているので、お話をする中で、日々「自分が知らない世界はまだまだ無限にあるな」「同じ人なんて一人としていないんだ」と身をもって実感しています。

仕事をする上で気をつけていること

派遣スタッフの方へキャリア相談をする時は、その方が何に興味を持っているのか、一歩寄り添うように、お話をうかがう事を心がけています。心の中では思っているけれど、それをなかなか言葉に出さないという方も、たくさんいらっしゃいます。本当の想いを引き出すのが、面談している私の役目だと思っています。まだまだ試行錯誤の日々ですが、辛い経験、楽しかった経験、こんなこと頑張った、将来こうなりたい!など幅広く質問することで、本来の気持ちを少しでも探ることができるように、いつも気をつけています。
成功事例としては、現在就業中のスタッフさんへのお仕事紹介の際に「川口さんにそこまで言ってもらえるのなら、未経験だけど頑張ってみたい!」と前向きに挑戦してくれたことです。結果、就業が決定した時には、自分のことのように嬉しくて何とも言えない感情になりました。

仕事をする上で気をつけていること

私の就職活動と入社のきっかけ

私は、就職活動を始めた頃、自分が何をやりたいのか?地元で働くか、県外に出ていくか?など自分に対しての疑問が多くありました。そんな時、出会ったのがアビリティーセンターでした。人と話すこと、人に関わっていくことがもともと好きだったので、人材ビジネスという仕事にとてもインパクトがあり、未知の領域にも関わらず「ここで仕事がしたい!大好きな四国で自分の可能性に挑戦したい」と強く思ったのがきっかけでした。

皆さんへメッセージ

今でこそ言えますが、就職活動は明確なビジョンを描いたり、何になりたいかなどの理想を、必ずしも決め付けて行う必要はないと思います。とことん迷って、とことん壁にぶつかって、自分が納得いくまで頑張れば「これだ!」というようなお仕事に出会えるはずです。最終的には自分で決めなければいけませんが、困った時は、周りの人を頼ってもいいと思います。皆さんの仕事が決まって喜ぶ姿を想像しながら、これからも応援します!頑張ってください!

皆さんへメッセージ

オフタイムの過ごし方

オフタイムの過ごし方

次の高知マラソンに出場する予定です。休みの日を使ってジョギングしたり、体を動かしたりしています。逆に食べることも好きなので、友達と高知の食べ物を毎週堪能しています!高知で仕事をするとは夢にも思っていませんでしたが、今では高知での生活が楽しくて、プライベートも充実しています。

3年後・5年後の自分

お客様、スタッフさんが困った時など「川口に相談してみよう」と、どんな小さなことでも相談してくれるような社員になります。そのためにも今、目の前のことを全力で取り組んで、日々1つずつでも新しいことを吸収していきます。
今までいろいろな人と出会ってきました。これからも多くの方たちと関わっていくと思いますが、自分らしさを忘れることなく一人一人に合ったサポートをしていきたいです。辛いこと、嬉しいことを一緒に共有できる関係を目指していきます。「わたしにしかできないオーダーメイドな関係作り」が目標です。

3年後・5年後の自分

採用情報

採用Facebook