ホーム > 企業のご担当者様へ > 信頼をつなぐスタッフフォロー

信頼をつなぐスタッフフォロー

徹底したスタッフフォローで信頼を築き、人材派遣のメリットを最大化してご提供します

アビリティーセンターでは、派遣先への定期的な巡回や適切な苦情処理(注1)を行っております。
また、派遣先で派遣スタッフが存分に力を発揮できるよう、個別面談を基本としたスタッフフォローを徹底して実施しております。
※(注1)派遣先への巡回は、労働者派遣法で、派遣元に義務付けられた項目です。

特長1:派遣前研修100%実施

基本マナー、コンプライアンス教育で安心。

派遣前の研修では、基本的なビジネスマナー教育(あいさつ・職場での心構え・コミュニケーション)、個人情報・機密情報の取り扱いなどのコンプライアンス教育を中心に行っています。

就業前の受入教育代行サービスで手間を軽減。

就業前の定型的な事前教育を一部代行し、受け入れご担当者の手間を軽減いたします。
例えば、各社独自の職場ルールに関すること、駐車場や食堂、更衣室の利用に関すること、工場であれば構内規則や安全衛生教育など、ご要望に応じて個別に対応しています。

事前研修で導入をスムーズに。

繰り返しのご依頼、複数名の同時就業などの場合、導入前に業務を代行して教育することで、よりスムーズな派遣就業を実現します。

特長2:毎月面談による継続フォロー

私たちは、派遣先企業のご担当者様との面談、派遣スタッフとの面談を、それぞれ毎月1回以上、継続して行っています。顔と顔を合わせて、直接お会いするフォロースタイルにこだわるのは、言葉だけでは伝わらない、ほんの小さな変化も見逃さないため。派遣先企業のご担当者様、そして就業中の派遣スタッフに、安心してご利用いただきたいから。お伺いした際には、何でもお申し付けください。

不安の種をその場で解決。トラブルを未然に防止。

派遣スタッフには、「契約期間を守ること」「仕事に誠実に対応すること」「向上心をもって仕事に取り組むこと」「職場でのコミュニュケーションを円滑に行うこと」などの仕事に対する基本姿勢が保てているかどうか、プライベートな面の変化で仕事に支障がでる可能性がないか、などを重点的に確認し、小さな変化を事前にキャッチし対応いたします。

派遣先企業と派遣スタッフとのコミュニケーションをサポート。

派遣先企業のご担当者様には、派遣スタッフの評価、業務内容・業務量の変更予定などについてお聞きし、スタッフ本人にフィードバックします。この時、「派遣スタッフは職場になじんでくれているだろうか」「モチベーションは十分だろうか」「受入側の配慮に問題はないだろうか」「派遣法に抵触するような対応はしていないだろうか」など、派遣スタッフへの配慮に関するご質問や、コンプライアンスに関するご質問を多く承ります。こうしたご質問には、タイムリーにお答えし、三者が安心して派遣を活用できる環境を整えていきます。

コラム

私たちがスタッフフォローを大切にする理由。

派遣先のご担当者様に評価を伺うと、「いつもよくやってくれているよ。」とお褒めの言葉を頂くことの多い派遣社員Aさん。Aさんから、ある日「そろそろ仕事を変わりたいと思っているんです。」と相談があり、びっくりしてすぐかけつけました。

「派遣先から評価されていない気がする」というのがAさんの悩みでした。「そんなことないですよ。」という私の説明には納得しないようです。「派遣先のご担当者様によく聞いておきますね。」とその場は一旦、帰ってもらいました。

派遣先の担当者に、翌日、Aさんの話をご相談したところ、「最近、Aさんばかりに仕事が集中していて大変だろうと思い、少し仕事をBさんに回していたんだ。」との回答。「特にAさんが先月作成した報告書は論点をよく理解し、パソコンできれいに作成できており、本当に助かったよ。そのことを伝えようと思っていたんだ。優秀な人材なので助かっているが、Aさんくらい優秀だと引く手あまただろうから本人の意思は尊重してあげたいね。」とのお話でした。

早速、Aさんに派遣先の担当者のお話を伝えたところ「そうなんですね~。上司は、そんな風におもっていたんですね・・・。今の職場は大好きなので頑張ります!忙しいのは大好きなので、もっと仕事がしたいとアピールします!」と満面の笑顔でした。 このようなちょっとした「行き違い」を解決できたときが、一番嬉しい瞬間です。

企業のご担当者様へ

  • 安心を届けるコンプライアンス
  • 事例紹介