ホーム > プレスリリース > vol.199 新入社員集合研修「2017年ビジネス基礎スキル」実施レポート公開

プレスリリース

[ プレスリリース]  vol.199 新入社員集合研修「2017年ビジネス基礎スキル」実施レポート公開

アビリティーセンター株式会社(本社:愛媛県新居浜市、代表取締役:三好潤子)は、2017年4月10日・11日の2日間で新入社員・若手社員を対象とした、異業種交流型の人材育成研修「2017年度ビジネス基礎スキル研修」を実施しました。
 
多様な業界より新入社員24名が参加。「マナーや立居振る舞いなどの基本作法」、「報告・連絡・相談」や「キビキビとした行動」など、社会人としての基礎スキルを学び、行動できるレベルになるまでトレーニングしました。
 
研修風景 研修風景全体

◆自ら課題を設定し、行動計画を立てる

1日目は学生と社会人の違いや、新人の役割・立場を理解するところから始まりました。第一印象を学ぶワークでは、立ち方、座り方、発声トレーニングなどの立居振る舞いを練習。ビデオ撮影を行い自己チェックすることで、自らの課題を客観的に振り返る練習をするとともに、改善できているかどうかを自分で評価する目を養いました。
2日目は電話応対やビジネス文書のセオリーを学び、名刺交換や来客応対などをロールプレイで実際に体験。最後に、2日間のまとめとして、自身の課題に対しての「職場で実践する行動計画」を立案。習慣化したい行動を具体的に発表しました。
 
研修風景藤原 研修風景藤原
 

◆参加者のアンケートより

「新入社員が身につけなければならない基本的なことだけでなく、1年後、後輩ができた時どのように行動すべきか学べてよかったです。」
「社会人として大事なことをたくさん学ぶことができたと思います。」
「講師がとてもステキだった。憧れるし、参考にしたい」
「グループで話し合いや発表などを行い、理解を深めることができました。」
「研修後、これまでと違った目標や意気込みを持てました。大事なポイントを絞って教えてくださったので分かり易かったです。講師を見るだけでも勉強になります。」
 
研修講師貴田 研修風景貴田
 

◆2017年秋、フォローアップ研修開催予定

今回の研修は、アビリティーセンター入社6年目社員である貴田理恵子と、入社4年目社員である藤原香苗の講師デビュープログラムでした。営業担当としてお客様の課題と直面する日々の中で、「自分も直接人材育成に関わりたい」と思うようになり、自らが挑戦し創り上げたキャリアパス。
現在は、秋に開催予定の新入社員フォローアップ研修を企画中。
 

お問い合わせは アビリティーセンター新居浜オフィス(担当:貴田・藤原)0897-34-2555

会社案内