ホーム > プレスリリース > Vol.32 もぎとり果樹園(有)芽野歌で農作業体験交流に参加

プレスリリース

[ プレスリリース]  Vol.32 もぎとり果樹園(有)芽野歌で農作業体験交流に参加

~就農者確保支援活動への取り組みに向けて~

アビリティーセンター株式会社(新居浜市、代表取締役社長:三好潤子)は、2007年6月9日、もぎとり果樹園(有)芽野歌(今治市、代表取締役社長 花原頼)が開催する農作業体験交流会に参加しました。

四国の人と仕事のインフラを目指すアビリティーセンターでは、農業に従事する人を増やす活動を重要なミッションとして積極的に支援していく方針。
今回は、就農へのキャリアパスをより現実的に描いて頂くことを目的に、四国四県から農業に興味をもつ20代~30代の11名を募り、(有)芽野歌の主催する農作業体験交流に参加しました。
ブドウ園での摘粒作業を終えた参加者には、「自分の口に運ばれるまでにこんなにも手間隙かけた作業があるとは、知りませんでした。農作業は本当に大変ですが、予想以上に楽しくもあり、もっとやってみたかった。」と、ご好評を頂きました。

今後も四国の農業に貢献できるよう様々な活動に積極参加・支援していきます。
(有)芽野歌のみなさんには大変お世話になり、ありがとうございました。

▽参考
(有)芽野歌 http://menoka.xsrv.jp/index.html

※ブドウの摘粒作業
abipre32_1.gif

※愛媛県職員の阿部さんにご指導頂く。
abipre32_2.gif
※昼食では、野山で採れた山菜の天婦羅が用意されており、大変おいしく頂きました。

abipre32_3.gif

会社案内